乱視とその矯正方法

乱視は、目の屈折異常で起こります。

ご存知の通り、私たちの目は丸い球体ですが、角膜や水晶体が歪むことによりでそうでなくなる場合があります。

そうすると、光の屈折がずれて焦点が合わなくなり、物がはっきり見えなくなります。

乱視であるから必ずしも問題というわけではありません。

しかし、物がダブって見えたり、物を見る時に疲れるようなら

やはり適切な乱視矯正を早めに行うのが最善です。

乱視矯正に関連するスポンサードリンク
posted by ranshi-kyousei at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乱視とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

乱視表を使用して一度視力検査をするようお勧めします。
ランドルト環(C字)でも乱視検査は可能ですが、乱視表と併用するのが確実です。
クロスシリンダーを使用すると、乱視の軸角度を知ることができます。


レーシック手術が怖い方、少し抵抗のある方は、同じ効果が見られる下の視力回復法をどうぞ。↓↓



>>14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye<<
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。