乱視表を使用して一度視力検査をするようお勧めします。
ランドルト環(C字)でも乱視検査は可能ですが、乱視表と併用するのが確実です。
クロスシリンダーを使用すると、乱視の軸角度を知ることができます。


レーシック手術が怖い方、少し抵抗のある方は、同じ効果が見られる下の視力回復法をどうぞ。↓↓



>>14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye<<
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。